管理人キノのblog

目標となる英語力

日々の仕事をこなしながら今まで英語の勉強をしてきた方は、すぐにでも実際の業務で使うことができる英語になるように務めるべきだと思います。860点までのスコア向上のためには様々な努力をしてきたことと思います。これからはTOEICという試験では測れない英語力を身に着けていきましょう。
大学生でこれから就職活動を行うという方や、今すぐに英語が必要ではないが自身の将来のために英語を勉強しているという方であれば、ひと目で英語力を高く評価されるTOEICのさらなる得点アップを目指すべきだと思います。実際、TOEICで900点を超える人は非常に少なく、その得点だけで高い評価をされることでしょう。特に特殊な部署での勤務希望者や、弁護士や会計士などの一部職種、表面上はレベルAつまり860点でいいとしながら、実際には高いスコアを求める裏基準があるともされています。また、仕事の能力がほぼ同じライバルが居並んだときのでは5点の差がポストを分けるかもしれません。
900点を目指すのは、独学ではかなり難しいと思います。書店には「900点」を目標にした書籍は少なくありません。しかし、スコアに直結するノウハワが書かれているものはとても少ないと思います。限られた時間で結果を出したいなら、実績のあるスクールに行くことが近道だと思います。トイッカーと呼ばれるTOEICの対策に特化したセミナーに参加する人もいらっしゃいます。そこで公式問題集を山のように解く訓練をしています。忙しいビジネスマンに向いているかはわかりませんが、得点に結びつくことは間違いないでしょう。