管理人キノのblog

音読練習

英語学習の業界では長らく音読はリーディングとリスニング役に立つと言われています。小学生の頃に日本語を先生が読み、それに続いてクラス全員で読み上げたことを覚えていらっしゃるでしょうか。いまから勉強を始めようと考えている方の英語力はちょうど小学生低学年の日本語力とほとんど同じだと思います。ですから、この勉強方法はとても効果的だと思います。
リスニングはある程度のレベルまでいくと、どうしても聴き取れない音が残るようになります。様々な原因が指摘されていますが、主な原因は、自分が発音できない語は聞き取ることができないからであると言われています。
例えば、not at allはノットアットオールとは発音されません。日本語で表記するならナラロゥが近いでしょう。なぜこうなるのかはともかく、ノットアットオールと勉強している限りはリスニングでの得点向上は望めません。何を言っているかわからないでしょう。
また、リーディングでも音読の効果は現れます。英語の文章を読むときには、英語の文章を一旦日本語に翻訳してから理解しているとどうしても会話のテンポが悪くなり、試験では時間内に問題をとききることが難しくなります。無意識のうちに英語を英語のまま理解できるような水準までなじませることで、英語力のさらなる向上が期待できるでしょう。